2017.7.17   『 Groove Lesson 』

少し前の事ではありますが・・・

6月25日、26日に 横浜青葉台を中心に行っている私のドラムスクールで
ベースのプロミュージシャンを招いて
『Groove Lesson』なるスペシャルレッスンを行いました。


普段のレッスンは、クリックやマイナス・ワンのオケを用いて行うレッスンですが、
<ドラムとベースで課題曲のグルーヴを作ろう>というレッスンを行いました。



リズムパターンやフレーズを叩いたからといってグルーヴする訳ではありませんよね。

自分でグルーヴを出していかなければなりません!

上手に叩けていてもグルーヴしてないドラマーを見かけることが多々あります。



クリックやマイナス・ワンのオケと演奏すると、どうしても ”合わせて” しまいがちです。

クリックもオケも使わずに、ドラムとベースだけで楽曲を演奏するには

ドラムがグルーヴやテンポを出していかなければなりません。



つまり、”グルーヴは自分で出していく” ものなのです。



レッスン動画 ①

レッスン動画 ②

レッスン動画 ③



Groove Lesson を受けた生徒からは、

「グルーヴするとは何なのかが少しわかった。」とか
「グルーヴするためにはどういう事を意識しなければならないのかわかった。」また
「プロのベーシストと演奏できて、ためになった。何よりも楽しかった!」

などの感想が聞けて、また是非やりたいとのことでした。



演奏することにおいて、グルーヴすることが一番大事だと言っても過言ではありません。


このレッスンを行う前は、わかって欲しい事だけどちょっと難しいかな・・・と思ってましたが、

なかなか生徒が自分で理解していくのは難しいけど、説明していけば少しずつではありますが伝わったので

結果、やって良かったと思います。



これも今回このレッスンに協力してくれたジョージくんあってのことです。
ギタリストとしてもベーシストとしても活躍していて、
今年3月にギタリストとしてソロアルバム
『 hazel 』をリリースした高井城治くんにお手伝い頂きました。

私の生徒たち相手にも真剣に取り組んでもらって感謝です。ありがとうございました!



今後も定期的に Groove Lesson をやっていきたいと思います!




Keep on doing

 

 


2015.5.12   プライベート・ドラム・レッスン発表会『Drum Day』開催

来たる7月19日に横浜青葉台でのレッスンの生徒を中心に、

発表会『Drum Day』を青葉台スタジオローズで開催します!

 

 

 

下は中学生から上はお父さんお母さんまで幅広い年齢の生徒たちが、

一堂に会して交流を持ってもらうのも普段のマンツーマン・レッスンと違って楽しい機会になると思います。

 

ひとりひとり違う、ひとそれぞれの演奏表現を観て学んで欲しいと思います。

 

 

何よりも今後のステップアップのために良い刺激になってくれればいいなと考え発表会の開催を決めました。

 

日頃のレッスンの成果を存分に発表してもらいたいと思います!

 

 

 

 

このドラムレッスンに興味のある方で受講を考えてる方は、若干名ではありますが観覧可能です。

ご希望の方はお問い合わせ下さい。

 

 

 

keep on doing

 

 

 


2014.8.18    プライベート・ドラム・レッスン <其の一>

なかなか体験レッスンにも来ることができない方がいるということで
もう少し詳しくこのプライベート・レッスンについて話したいと思います。

<其の一>


こんな悩みを持ってませんか?

曲の終わり方・締め方が分からない! かき回しって何?

曲の盛り上げ方・抑揚のつけ方が分からない! 大きな音の出し方は?



曲の終わり方がいまいちよく分からない・・・ なんて質問をよく受けます。

ノリノリに盛り上がった曲の終わり方とそうでない曲の終わり方は違いますし、
rit…(リタルダンド)といっても曲によってrit感は違います。
シンバルをかき回した後の締め方も様々です。



曲を演奏すると、フレーズやリズムパターンは叩けているけど、何故か平坦になって抑揚の無い演奏になってしまう・・・ なんて質問も受けます。

曲の中での強弱(ダイナミクス)のつけ方や音量をコントロールすることで
盛り上げたり落としたりと抑揚をつけていくやり方も様々なんです。



叩いているフレーズ、リズムパターン、フィルインは曲を聴けば譜面を見れば分かります。

しかし、大事なのは上記のことを表現して演奏する ことです。



実は心の中で、
周りとちょっと差をつけたい・・・ ちょっと一目置かれたい・・・
なんて思ってませんか?



上記の悩みを解決することで、これらを表現できるようになれば

ワンランクレベルアップした演奏ができると思います!





レッスン内容には大きく分けて3つのカテゴリーがあります。


1、”スティッキング・コントロール” をトレーニングして安定したリズムを叩けるようにします。

また、力みの無い楽なストロークを身につけることで長時間の演奏にもリラックスして叩けるようになります。


2、両手足をバラバラに自在に動かせるようになることで自分が叩きたいフレーズや楽曲が叩けるようになります。

そのために様々な ”エクササイズ” をトレーニングします。


3、コピーしたい曲やレッスン課題曲などの楽曲の中で、

リズムパターンやフィルイン、抑揚のつけ方(盛り上げ方)、グルーヴ(ノリ)の出し方などをトレーニングします。





チューニングってどうやるの?


スタジオやライブハウスのドラムを叩いて「なんだこの変な音は?」なんて思った経験があると思います。

自分の持っているスネアドラムは気持ちの良い音がしてますか?

しっかりチューニングしてますか? タムやバスドラムのチューニングもしてますか?


ドラムを叩くだけが技術ではありません。

チューニングの技術もドラマーにとって必要不可欠です!


ドラムの鳴りとは? 抜ける音とは?

チューニングの仕方からミュートの使い方までレッスンしていきます。





keep on doing